NJC利点

なぜNJCのサービスを選ぶのか?

NJCは、ヨーロッパ企業と日本企業を仲介するコンサルティング・ファームとして、ナノ材料やファインケミカル業界に関する専門知能だけではなく、多文化コミュニケーションや多文化チームでの計画管理というサービスも提供しております。特にヨーロッパのスタート・アップや中企業との広いネットワークにより、対象企業と迅速にアポイントを取ることができます。

 

ノウハウ

経験に基づく技術知識

当社のコンサルタントは化学や材料等の分野において修士レベル以上です。このような科学的知識だけでなく、公共機関や企業における長年の経験もございます。知識と経験との組み合わせにより、製品や技術的課題をより深く理解可能です。

 言語

当社のコンサルタントは英語も日本語も堪能ですので、情報交換の精度を高めることが可能です。必要に応じて、資料を翻訳致します。

多文化環境・ビジネスマナー

当社のコンサルタントは、日本の社会や企業で十数年間の豊富な経験を有し、多文化環境にも順応しております。ヨーロッパと日本のビジネスマナーに関する知識や経験があるため、連絡ミスやストレスのないコミュニケーションを図ることが出来ます。このようなスキルは、海外企業との仲介役として長期的な信頼関係を築くために非常に重要です。

 

地域

拠点

計画管理や製品開発活動では、継続的且つ効率的な情報交換や連絡が非常に重要です。ナノ・ジャパン・コンサルティングは東京を拠点としているため、アクセスが便利であり、打ち合わせも容易です。海外を拠点とするビジネスパートナーとの事業開発を支援するためには、最高なパターンだと考えております。

現地ネットワーク

当社は、ヨーロッパと日本における公共機関、企業そして大学での経験から得た幅広いネットワークを用いてビジネスマッチング活動を行い、理想的なビジネスパートナーを見つけることが出来ます。それにより、製品開発、最先端技術や材料の入手、協力等の機会を作ります。

 

組織・ビジネスモデル

ヨーロッパのスタート・アップと中小企業のみを対象

当社は、ヨーロッパのスタート・アップと中小企業のみにフォーカスしており、最先端特許やノウハウを有する地域企業や業界との連携を提供しております。そのような海外企業との協力により、日本の大手企業の競合力に貢献します。同時にヨーロッパ企業については、日本の大手市場に進出できるため、成長が期待されます。合併も買収も行わないため、日本企業側としては営業費が増えず、ヨーロッパのスタート・アップや中小企業のイノベーションを促進する組織文化を持っている点が利点になります。そのようなウィン・ウイン・ビジネス関係を立ち上げることが、当社のビジネス・モデルであります。

 柔軟性と対応

事業開発および製品開発活動では、プランを180度変える情報が頻繁に出てきます。その場合は、計画を再検討することが必要になる可能性も高いので、当社は、柔軟で迅速な対応を心がけております。